左手薬指以外に指輪をする意味はあるのか?

左手薬指以外に指輪をする意味はあるのか?

結婚指輪は左手薬指。
これは「愛や命」などの意味があると前の記事で説明したと思います。
では他の指にも指輪をする意味はあるのか?
はい、あります。どんな意味があるのか説明します。

親指には望みを叶えるという意味があります。
左手は意志貫く・目的を実現させる、右手は指導力をつかさどる・権威や行動力を持続させる意味があります。
何か強い願いがある方は親指にリングをすると良いでしょう。

人差し指には活動的・自立心が上がると言われています。
左手は積極性を高める・方向を指し示す、右手は集中力・行動力を高める・人を導き教える力が身につく。

中指はインスピレーションなど直感・ひらめき。
左手は直感やインスピレーションを高める、右手には行動力・迅速さを発揮するなどの意味があります。

薬指は直接心臓につながっていると言われ、命・誓いの指と言われています。
左手は愛・幸せ・願いの実現、右手は安心感・心がリラックスする。
結婚指輪を左手薬指にする意味がわかりますね。

小指はチャンス、心を落ち着かせるなどの意味があります。
左手は愛情が深まる・チャンスを引き寄せる、右手は魅力を発揮する。
右手小指にピンキーリングをするといい、というのは納得!

長くなりましたが、このように指によって意味が違います。
例えばリーダーシップを発揮したいときは人差し指に、叶えたい願いがあるときは小指など…
その時の思いに合った指に指輪をすると効果があるかもしれませんよ。

    Copyright(C) プロポーズする前に必要なこと All Rights Reserved.